2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 図書館ハンドブック | トップページ | 空の中(単行本) »

2006.11.21

塩の街 wish on my precious

塩の街―wish on my precious 有川浩 2004 電撃文庫

渋いっ。F18ホーネットではなく、F15イーグルですらなく、F14トムキャットを選んだところが渋いっ!!!と思ったら、後書きを読んで納得。
某名作戦闘機漫画や、某名作戦闘機映画ですか。かつてのミーハー心を一番に刺激する戦闘機、それがF-14。
日本のSFでF-14が活躍するものとしては、神林長平の『戦闘妖精・雪風』および2作目の『グッドラック』(どちらもハヤカワ)が挙げられます。外的侵略による人類の危機という基本設定では、本書と通じるものもあるでしょう。本書とあわせてどうぞ。

物語は、あれに似ています。あれ。
新井素子の『あなたにここにいてほしい』。
わりと大き目の地震にあってから思うことだけれども、明日、私が生きているとは限らないのにね。
明日、あなたが生きているとは限らないのにね。
明日、世界があるとは限らないのに、どうして平気でいられるのだろう、と不思議だった。
この不在の予感を、どうして黙殺していられるのだろう。
だからって、生活の何を変えるわけではないのだけれど。

ただ守られる、というのは、結構、悔しいもんです。
その悔しさ、もどかしさ、情けなさを描くのは、この作者の上手なところ。
特殊技能もなければ、体力もなく、サバイバル能力に欠ける私は、どうにも生き残る可能性が低そう。
守ってくれそうな人の心当たりがあるわけでもなく、心情としては、自分が援助者に回ることが好きなわけで。
それでも、かっこつけてくれる男の人がいると、ばか?とか言いながらも、感謝していたりするのです。
そういう日々の心情と重なりつつも、主人公の恋の初々しさが妙に気恥ずかしい……。

私自身は、多分、世界と自分をどっちを取るかと言われれば、世界なんて大層なものには関わりそうにないので、んー自分?とか、首をかしげながら、結局、ちまちま最後まで仕事をしていそうな小市民的な人間です。
ぐだぐだ言ってないで逃げるな!と、好きな男のところに押しかけそうな勢いと、でも遠いしぃ、体力ないしぃ、と言い訳して何もせずにぐだぐだしていそうなところと、この両方が私の持ち味ですから。
非常事態においても、デリケートな商売を続け、偽善者に徹したいものです。

世界が、明日がなくなりそうな事態が起こったら、自室を片付けなくてもすむなあ。
(2006.10.29)

 ***

あ。違った! 新井素子の『ひとめあなたに…』だ。(^^;

« 図書館ハンドブック | トップページ | 空の中(単行本) »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

まぁ!まぁまぁまぁっ!ということで(笑)
早速のトラバありがとう♪
こちらからも遠慮なくトラバらせて頂きました。
私の方は認証が必要で面倒なんだけど、香桑さんなら大歓迎!
いつでもどれでもガシガシっとトラバ宜しくです。

おおきに!です。最初はやっぱりすずなちゃんにお願いしようと思ったのでよかったぁ。
がしがし、トラバらせて頂いています。こちらでもよろしくね。
しばらくは見覚えのあるものが続きますが、御了承を。

香桑さん、こんにちは。
お互いのことを想ってる秋庭と真奈の関係が、だんだん縮まっていく様子でしっかり胸キュンでした~。
おぉ、F-14ミニ知識、重宝します。SFでもあるので神林作品へのオマージュかもですね。
新井素子の『ひとめあなたに…』思い出したのは私だけじゃなかったですね。よかった。
私もそんな時は、ぐだぐだしていそうです(笑)。

トラバ、通らなかったら送ってください…。

戦闘機漫画としては、「エリア88」が忘れられません。授業中にクラスでまわし読みしていた思い出が。
トラバがこちらに届いていないようです。一応、送ってみました。単行本のほうは積読中ですので、読み終わり次第、レビューを書き直し次第、またTBをお願いしようと思っています。そのときはよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/4262024

この記事へのトラックバック一覧です: 塩の街 wish on my precious:

» 塩の街(有川浩) [Bookworm]
ぐしぐし泣きながら読了。 はぁー。 [続きを読む]

» 『塩の街-withonmyprecious-』 [怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】]
『塩の街-withonmyprecious-』 有川浩/著(電撃文庫刊)『夜が明けて、御使い達はロトを促して言った。「立って、ここにいるあなたの妻と二人の娘とを連れ出しなさい。そうしなければ、あなたもこの町の不義の為に滅ぼされるでしょう。逃れて、自分の命を救いなさい。後...... [続きを読む]

» 塩の街(文庫・単行本) 有川浩 [粋な提案]
電撃文庫版(左)イラストは昭次。単行本版(右)装丁・デザインは鎌部善彦。第10回電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞作。 正体不明の落下物で塩が世界を埋め尽くす塩害の時代へ。塩は着々と街を飲み込み人に伝染して塩化。社会を崩壊さ... [続きを読む]

» 塩の街 〔有川 浩〕 [まったり読書日記]
塩の街―wish on my precious有川 浩 メディアワークス 2004-02売り上げランキング : 8873おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。 塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。 その崩壊寸前の東京で暮ら....... [続きを読む]

« 図書館ハンドブック | トップページ | 空の中(単行本) »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック