2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« トリガーマン!1 2/5 | トップページ | きいろいゾウ »

2006.10.30

グッドラック:戦闘妖精・雪風

グッドラック―戦闘妖精・雪風  神林長平 1999 早川書房

F-14繋がりで、もそもそと本棚から探し出し、うっとりと表紙の黒光りする機体を眺め、おもむろにページを繰り……何年も経つと登場人物の名前すら憶えていないもので、結局、全部、読んでしまいました。
これこそ、某名作戦闘機漫画と主人公のイメージが被る。でも、ヘッドセットで戦闘知性体(戦術コンピュータ)とコミュニケートするあたりは、ルシファ@『三千世界の烏を殺し』の電脳戦とも通じる。

前作では、主人公と一体化していた雪風という戦闘機が、いつのまにか自律的になり、意識を持っている。
主人公の自我が成長し、同時に、ジャム(侵略者)も。
コミュニケートできるということは、意識があるということであり、意識があるということは自我があり、固有の言語=思考があるということ。
人類vsジャム、人類vs電脳知性体、ジャムvs電脳知性体、特殊戦闘部隊vs情報部、部隊vs軍組織、個人vs共同幻想、様々な次元で表れる対立こそが、自我を成長させる。

というか、自他の境界が不明瞭なままで、どうやって戦いを維持していたんだー!?という一作目への問いは、保留にしておこう。
カウンセリング/精神分析も重要な役割を果たす。そこについても、保留。
ともかく、基地の外部からの人間が参入するたびに、主人公や雪風の自我や個性といったものが浮き彫りになっていく。
これは、自我の成長について、著者が哲学した物語なんだと思う。

他者を意識し、自我を獲得し、他者を対象化しないことには、戦うこともできないが、愛することもできない。
その幸運を祈ることも。

精神的にも身体的にも、ただただ戦闘に費やされる。戦うことしか許されない。
禁欲的で重厚。台詞の量に圧倒されそうなハードボイルド。
当然、ギャグもなく、ハッピーエンドも見当たらず、ハードなまま疾駆していき、クライマックスで宙に放たれる。

ここでトリガーマンに戻ると、再び、ハードボイルドが笑いの対象になるわけであるが。
たまには、こういうのもいい。男くさいロマンチシズムたっぷり。
クサい等と言わずに、においに思い切り酔うべし。
長い小説なので、思いっきり寝不足。

(2006.10.30)

« トリガーマン!1 2/5 | トップページ | きいろいゾウ »

# いつもと違う日常」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/4270429

この記事へのトラックバック一覧です: グッドラック:戦闘妖精・雪風:

« トリガーマン!1 2/5 | トップページ | きいろいゾウ »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック