2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 号泣する準備はできていた | トップページ | イン・ザ・プール »

2006.09.24

枕草子REMIX

枕草子REMIX  酒井順子 2004 新潮社


多分、2004年末。大阪に行ったとき、梅田の本屋さんで見つけて買おうかどうしようか迷った。そのときはあきらめて、改めて地元で購入。そのまま一年以上放置。笑
上司が枕草子の一文を引いたのに触発されて、原著に直接あたる気力はないが、この本の存在を思い出して、やっと手に取った。


酒井順子と言えば「負け犬の遠吠え」が秀逸だし、この本も好きだし、インパクトは大きかった。
あの作者だからこそ、清少納言への目線も暖かく、友愛に満ちている。清少納言を千年前の女友達と呼ぶほどの共感も見せる。
清少納言も現代日本の三十女も、共通して、「心の底では愛と純粋とを信じたい、という愚直なほどの気持ちをもっているからこそ、現実の男性に対するイラだちが激しく湧いてきてしまうのだろう」と読むのは、酒井ならではでしょう。
思わず、にんまりとしてしまいました。


途端に往時が生き生きとして立ち現れるような描き具合は、著者の資料の読みこなし具合によるのかな。
ぶっちゃけた話をしている感じで、女子校の実情をさらしているようでもあり、多少の居心地の悪さが……。


ここで抽出されている自覚的に、客観的にあろうとする「業」に、私はシンパシーを感じる。美学と言ってもいい。こういう芯があるのが、好きだなあ。
もともと、紫式部より清少納言が好きだったのだけれども、酒井が好きだなあ、と思った次第。


巻末のほうに、枕草子由来の京都奈良の観光案内のようなものがあって、またも京都に行きたい~帰りたい~という気分が高まった。


改めて、原著が読みたくなった。
(2006.9.24)

« 号泣する準備はできていた | トップページ | イン・ザ・プール »

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/4401295

この記事へのトラックバック一覧です: 枕草子REMIX:

« 号泣する準備はできていた | トップページ | イン・ザ・プール »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック