2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ | トップページ | ルート225 »

2006.07.24

フォーチュン・クッキー

フォーチュンクッキー 斎藤綾子 2001 幻冬舎文庫

 むっつり黙ったまま、フェラチオさせる男ほど味気ないものはない。

まったくだ。

……と、ここで話を終わらせちゃいけない。
この短編集、初刊は98年だが、私は文庫されてから読んだ。後書きは俵万智。

複数の小説からセックスのシーンばかり編纂したみたいに なにが出てくるかわからない、フォーチュン・クッキーのような、福袋のようなお得な短編集である。

斎藤綾子は、あっけらかんとした性描写が爽快である。大胆で豪快。
身体感覚を言語化することにすぐれているのだと思う。
その上、ざっくばらんで、ストレートで、際どいところで露悪的になることを免れている。
人によっては、充分に悪趣味と言うかもしれないけれど。

一人称で書かれた、性にまつわる女性の独り言。
こんな内心は、男に知られちゃいけない。

著者の描くセックスは、ひたすら気持ちよい。
そして、現実がちょっと意地悪なときもある。
女も愛しい、男も愛しい。特に、ダメっぷりが愛しい。

気持ちがよいと、幸せなんだか不幸なんだかわからなくなって、とりあえず、まあいっか、と濡れてしまう。
寝顔は優しい男に振り回されているようで実は可愛がっていたり、これぞだまされ上手?なんてしたたかさもあったり、女達がやられっぱなしとは限らない。

レズビアン、ヘテロ、バイセクシャル……と裏表紙には書いてあるが、前作(『ルビー・フルーツ』)よりもヘテロが多いというか、アナルが多いというか、3Pが多く印象に残ったというか。
セックスのファンタジーを補給したいときにいかが?

(2006.7.24)

« 東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ | トップページ | ルート225 »

**愛すること**」カテゴリの記事

小説(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/4400750

この記事へのトラックバック一覧です: フォーチュン・クッキー:

« 東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ | トップページ | ルート225 »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック