2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« 親指Pの修業時代 | トップページ | フォーチュン・クッキー »

2006.07.17

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ  遥洋子 2004年 筑摩書房


これは文庫版の出版年なので、元の初版日はもっと前。じゃないと、計算があわない。


大学院受験を考えているときに読んだ。
甚だしくビビった。私はここまでやれんぞ。できんぞ。どーするよ!?
そして、自分に言い聞かせた。東大を受けるわけじゃないし、上野千鶴子に弟子入りするわけじゃないし……。


切れ味のよい批判に惚れ込んだ人も多いだろうし、知に対する厳しさは一目置くとして、ここでは、このタイトルに改めて注目したい。
上野千鶴子流のフェミニズムの流儀と限界を、端的に指摘するもののように思えたからである。


私自身、常日頃、論文は口喧嘩と言い切ることもある。
自論を主張して、相手を批判して、言い負かさなくてはならない。いかに自分の言い分が正当であるかを論証するか。
まあ、口喧嘩みたいなものだと思う。特に、論争を題材に取り扱ったりすると、その感を否めない。


しかし、相手に納得してもらうことと、言い負かすことは、イコールではない。
「相手にとどめを刺しちゃいけません。あなたはとどめを刺すやり方を覚えるのでなく、相手をもてあそぶやり方を覚えて帰りなさい。そうすれば、勝負は聴衆が決めてくれます」と、上野が言ったと遥は書いているが、こういうことをされて、相手は納得するのか? 賛同するのか? 共感するのか?


研究というものも純粋に理論的な世界で展開されるわけではなく、そこには日常的な感覚、個人的な情緒や信条といったものが付随するだろう。
だとすると、ケンカだけでは、他者の了解を取り付けるという目的には、不十分になる。
自己の主張は、他者の理解や承認を得られなければ、結果として、敵だけが増えるだけのような……。


やはり目標にあわせて方法は検討したほうがいいんじゃないか。
言い負かしたり、相手の言葉を封じることには成功したが、それでかえって理解や同意を得ることには微妙に失敗するような手法が、創造性や発展性を失わせたのではないか、と、フェミニズムの失速について考えてみた。
まったくの私見につき、論証する気はないけどね。
(2006.7.17)

« 親指Pの修業時代 | トップページ | フォーチュン・クッキー »

エッセイ/ルポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183237/4400831

この記事へのトラックバック一覧です: 東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ:

« 親指Pの修業時代 | トップページ | フォーチュン・クッキー »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック