2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

著者名索引

香桑の近況

  • 2017.1.4
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計323冊
無料ブログはココログ

« The Phantom of the Opera | トップページ | イルマーレ »

2006.06.30

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人 通常版 2005年 アメリカ

最初から最後まで鼻歌でメロディーを追いかけずにはいられない。この曲も聴きたい、あの曲も好きだといっているうちに、最後まで観てしまう。
舞台よりも視覚表現に幅を持たせやすい分、より原作の設定や物語の背景がわかりやすくなっていると思う。ラウルもなんとなくかっこいいかも。舞台との違いを云々言うよりも、作品の持つ全体的なイメージを味わいたい。

たとえ夫婦であっても、踏み込めない思い出というものがある。それが恋であったかどうかはわからない。誰しも仮面に隠している顔があるからこそ、この物語に惹きつけられるのではないか。(2006.5.24)

« The Phantom of the Opera | トップページ | イルマーレ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Phantom of the Opera | トップページ | イルマーレ »

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック