2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

2021.02.19

紅霞後宮物語(12)

雪村花菜 2020 富士見L文庫 中華風の王宮を舞台にしたファンタジーのなかで、主人公の小玉の年齢が高めであるところが異色だった本作。未来において伝説のように神話のように語られるようになる小玉の、本当のところの物語というコンセプトも面白くて読み始めたシリーズだ。既に、12巻目となった。 こう長くなってくると、読む方としてもちょっと惰性になってきたりして、読むたびにレビューを書くこともなくな...

» 続きを読む

たいせつな気づき:新型コロナウイルスをのりこえた未来の物語

トモス・ロバーツ 2021/02/24(刊行予定) 創元社 美しくて柔らかくて優しい色合いの絵本。その色合いを味わうだけでも、心が穏やかになるような画面だ。水彩のぼかしたような輪郭が、画面を一層、柔らかくしているのだと思う。 この絵本はロックアウトされたなかで、作者が自分が絶望しないために描いたという。人には希望が必要だ。出口に光が見えるトンネルを行くのと、光が見えないまま洞窟を進むのでは...

» 続きを読む

2021.02.06

女たちの避難所

垣谷美雨 2020 新潮文庫 あの日のことを忘れることなど、できない。あの日には幼すぎて記憶にはあまりない人や、その後に生まれた人もいる。けれども、あの日は自分にとっていつか来る日であるかもしれない。 この本は、東日本大震災に題材を取っている。福島の架空の海沿いの町で、災害に遭った3人の女性が主人公だ。彼女たちが、災害をどのように体験し、災害後をどのように体験したか。避難所とはどういう場所...

» 続きを読む

2021.01.17

星をつなぐ手:桜風堂ものがたり

村山早紀 2020 PHP文芸文庫 知識の源となり、ひととして生きていくための、すべての素地を作るものである活字。空想の世界に遊び、疲れた時の癒やしとなり、孤独なときは友となってくれる、書物。それを集め並べ、人々に手渡すための場所――書店。(p,104) 本と本屋さんへの深い愛情を感じる一冊だ。本屋大賞にノミネートされた『桜風堂ものがたり』の続編だから、前作から続けて読んでほしいとも思うけど、この...

» 続きを読む

2021.01.14

おうち性教育はじめます:一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方

フクチマミ 村瀬幸浩 2020 KADOKAWA 性に関わることは、口にし慣れている人と、し慣れていない人のギャップがとても大きいように思う。性についての悩みもおうかがいすることがあったり、若い方に避妊や性暴力について話すことがあるため、私は仕事としては平気であれこれ口にする。が、プライベートの文脈で、例えば、親と話し合えと言われたら、余計な羞恥心が刺激されることがないわけではない。だから...

» 続きを読む

2020.12.30

フェオファーン聖譚曲(オラトリオ)op.3 鮮紅の階

菫乃薗ゑ 2021年1月15日刊行 opsol book 物語の勢いが衰えることない。3巻目になり、1巻目、2巻目よりも、さらに長さを感じさせないスピードで物語を読ませる。 前巻では主人公アントーシャがロジオン王国への圧政に対する革命の狼煙を上げた。この巻で、改めてフェオファーンと名乗りを挙げ、ロジオン王国に恐慌と動揺をもたらす。挑戦状をたたきつけられたロジオン王国内部の動きが、一番の見どころだ...

» 続きを読む

2020.12.15

神様のお膳:毎日食べたい江戸ごはん

タカナシ 2021年1月20日 マイクロマガジン社 当たり前の日常を難なく生き延びる道からずり落ちるように、少しずつうまくいかないことが積み重なって、生きることが苦しくなる。そんな時、主人公の璃子が就職することができたのが、神様の営むお宿だったという、少し不思議な物語。従業員も、お客さんも、一風変わった存在達で、登場人物には人間のほうが少ないくらいだ。人間の世界に疲れた読者にも、璃子がふるまう美味...

» 続きを読む

神様のお膳:毎日食べたい江戸ごはん

タカナシ 2021年1月20日 マイクロマガジン社 当たり前の日常を難なく生き延びる道からずり落ちるように、少しずつうまくいかないことが積み重なって、生きることが苦しくなる。そんな時、主人公の璃子が就職することができたのが、神様の営むお宿だったという、少し不思議な物語。従業員も、お客さんも、一風変わった存在達で、登場人物には人間のほうが少ないくらいだ。人間の世界に疲れた読者にも、璃子がふるまう美味...

» 続きを読む

2020.11.21

願いの桜:千蔵呪物目録2

佐藤さくら 2020 創元推理文庫 呪いと祈りは表裏一体。物に託された気持ちが強すぎる時、周りにも影響を与えるような呪物になる。その呪物を集めていた家が襲撃され、呪物が散逸してしまった。 前作とは違う町の中学校で、いつもと違う変わったことが起きている。中学校は、複数の小学校から進学してくることが多く、出身校によって体験や雰囲気が異なることもあって、途端に居心地の悪さを感じる子たちがいる。生真面目な...

» 続きを読む

2020.11.20

約束の猫

村山早紀 2020 立東舎 5000年の時をかけて、この膝の上に来たと思えば、どっしりとした丸い温もりがますます愛しくなる。猫にまつわる美しい物語が四つ。その物語それぞれにあわせたページのデザインが、これまた美しい。こういうページの上下を縁取るように飾られていると、とても特別な本に触れている気がしてくる。表情豊かな少女たちのイラストも、愛らしい猫たちも、げみさんならではの豊かな色彩で目を楽しませて...

» 続きを読む

«トラネコボンボンのお料理絵本:旅するレストラン

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック