2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著者名索引

香桑の近況

  • 2018.1.4
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計378冊
無料ブログはココログ

星をつなぐ手:桜風堂ものがたり

村山早紀 2018 PHP研究所

世界を見守る優しい精霊が紡いだような物語だ。
老いと死を見つめる人だけが持つ、どこか現世を遠くから見つめるような気配。
精霊は時々、猫の形をしているのだと思う。

主人公の一整は、働きなれた職場を離れざるを得なくなった後、桜風堂書店という小さな田舎町の古い書店に出会い、その書店と共に息を吹き返した。
そんな「桜風堂ものがたり」の幸せなその後を描く。

私は『桜風堂ものがたり』と『星をつなぐ手』のどちらも、単なる職業小説、お仕事小説のくくりに入れることはできない。
書店や出版の業界は、移り変わる時世の影響を厳しく受けている。
その業界にあって、本という星の光を守っている人たちがいる。

言葉こそ、世界の闇を照らす星だ。
その文字に込められた想いが輝く星になる。
人から人へ、人の手を経て届けられ繋がる星の光。
いつか自分が死んだ後までも輝き続ける星になる。

頑張るものには、もっともっと幸せになってもらいたい。
昔ながらのよきものが消えずに残り、弱いものは守られ、若い者は育ち、傷ついた者は癒され、年を取る者は賢く敬われ、得るべきもの手に入れ、あるべきところに収まるように。
そんな当たり前にあってほしいことが、今はとても難しい時代に生きているから、切なくも幸せな気持ちになった。

『桜風堂ものがたり』『コンビニたそがれ堂:祝福の庭』『百貨の魔法』『コンビニたそがれ堂:小鳥の手紙』と本作とを通じて、私が強く感じていることがある。
それは、作者が「終わりを見据えている感覚」だ。
主人公の成長物語であるのだが、その主人公を見守り、手助けする年長者たちの物語である。
自分の人生のピークは過ぎたかもしれないが、まだ少しだけ、誰かのために何かできる幸せがそこにすくいあげられているのだ。
私のように自分の子どもを持つことはなかった登場人物たちも、誰かに何を残し、教え、育て、守ることができる。
そこに、私はとても救いを感じた。自分自身が救われるような気持ちになった。
そういう意味で、これは若い人のみならず、人生の午後3時を過ぎた人間の物語だ。

物語というものは、古来、魔法を持ち合わせていた。
傷つき弱り迷った人の心に寄り添い、いたわり、慰め、励まし、力づける、物語の原初の魔法を感じてもらいたい。
ティッシュは箱で用意することをおすすめする。

 *****

書籍の出版に先駆けて、原稿を読む機会を得た。
この本が数多くの人の心に魔法をかけてほしいことを願い、先駆けてレビューを公開する。
ネタバレにはなってないはず。

2018.08.03

おともだち たべちゃった

ハイディ・マッキノン 2018 潮出版社 恐ろしい外見なのに、うじうじとしているモンスター。 彼はお友達を食べてしまい、ひとりぼっちになったモンスターだ。 そして、新しいお友達になってくれるひとを探している。 とてもシンプルな物語であるからこそ、いくつもの解釈が成り立つ。 読み聞かせる大人が解釈を付け加えると途端につまらなくなりそうだ。 もやもやとした余韻が、考えさせられるところが、すごくいいと思...

» 続きを読む

2018.08.01

「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。

隙名こと 2018 ポプラ文庫 高校生の目立たないけど普通な男の子が主人公だ。 教室の隣の席は、無表情で無口で、なかなか登校しない美少女だ。 高校生というのは、まだ世界をあまり知らない。 本人は知っているつもりでいても、10代ならでは、学生ならではの限界がある。 その無垢な状態は、冒険者になるのにふさわしい条件なんだと思う。 彼らの出会いから始まる物語は爽やかで、読み手を少し裏切るだろう。 笑顔の...

» 続きを読む

2018.07.26

笑う猫には、福来る:猫の手屋繁盛記

かたやま和華 2018 集英社文庫 3つの短編集、どれもそれぞれに魅力がある。 宗太郎の婚約者である琴姫ががんばる「琴の手、貸します」。 宗太郎が拾った子猫田楽ががんばる「田楽の目、貸します」。 そして、猫先生がいつものように弱りながらがんばる「あすなろ」。 前作『されど、化け猫は踊る』を何度も何度も読み直すたびに涙した。 ぐったりするほど、心が揺れ動かされる名作だった。 その分、猫太郎…もとい、...

» 続きを読む

2018.06.23

魔導の黎明

佐藤さくら 2018 創元推理文庫 真理の織り手。 このシリーズの名前がようやくわかった。 シリーズ4冊目にして最終巻。1巻と並べて表紙を見比べると、一層、感慨深い。 レオンは40代、ゼクスは30代になった。 相変わらず、仲が良くて。 相変わらず、じっとはしていられない二人だ。 物語はラバルタとエルミーヌの二つの国を行きかう。 ラバルタではますます、悲惨な状況になっている。 魔導士を弾圧するように...

» 続きを読む

2018.05.30

ばけもの好む中将7:花鎮めの舞

瀬川貴次 2018 集英社文庫 頃は、桜の咲き乱れる春。 いつものように宣能に振り回される宗孝。 表紙の二人がとても可愛い。 当地では桜の季節はとっくに終わってしまったが、この表紙の桜模様がかわいくて、春の気分を思い出しながら読むことができた。 もともと、軽妙な会話や元気のいい登場人物たちに、何度も笑わせられる楽しいシリーズだ。 今回も意表をつかれたは、ぷぷぷwとなることもしばしばだった。 花鎮め...

» 続きを読む

2018.04.25

となりのイスラム

内藤公典 2016 ミシマ社 世界の三大宗教のひとつ、イスラム教。 普通のイスラム教徒、敬虔なイスラム教徒である人たちとは、どんな人たちであるのか。 どんな風に考えていたり、どんな風に生活しているのか。 彼らの気になることはどんなことで、どんな風に接することが心遣いになるのか。 おどろおどろしいイスラム国の話ではなく、小難しいイスラム教の解説でもない。 わかりやすく、易しい言葉で書かれているので、...

» 続きを読む

2018.04.02

春の旅人

村山早紀・げみ 2018 立東舎 この本に桜の花の季節に出会えてよかった。 春の柔らかな日差しや、淡い紅色の花びらが世界を彩る季節にぴったり。 戸外で開いたら、ページの中に同じように美しい景色が広がるはず。 村山早紀さんの3つの短編と、げみさんのイラストのコラボ。 「花ゲリラの夜」と「春の旅人」は文章をイラストが彩る。 「ドロップロップ」はイラストが主役で、文章が脇を固める。 そんな掛け合いを感じ...

» 続きを読む

2018.03.06

コンビニたそがれ堂 小鳥の手紙

村山早紀 2018 ポプラ文庫ピュアフル クリスマスの頃に書かれた、冬の空気が春の気配に溶けていくような優しい物語。 雪が、雪柳になる。冬の金属質のにおいが、花のほろこぶ香りになる。 3つの物語、それぞれに胸がきゅうきゅうと締め付けられ、何度も涙がこみ上げ、鼻をすすり、ティッシュペーパーのお世話になった。 これから読む人は、どうぞ、タオルと箱ティシュのご用意を。 コンビニたそがれ堂のアルバイトから...

» 続きを読む

2018.02.27

さくさくかるめいら:居酒屋ぜんや4

坂井希久子 2018 時代小説文庫 冬から春へ。 物語のなかの季節の移ろいにあわせて、お料理も変わる。 豆腐百珍もなかなか試す機会がないが、本を読んだ春先にぴったりの献立ばかりは、作ってみたいとメモを取った。 春牛蒡の南蛮漬けに、ふきと厚揚げの煮びたし、菜の花と馬鹿貝のぬた……。 ふきが手に入らなければ白菜か小松菜にかえて、馬鹿貝の代わりに浅蜊にすればよいなどと、自分で作りやすい献立に頭の中で入れ...

» 続きを読む

2018.02.20

あきない世傳 金と銀5 転流篇

髙田 郁 2018 時代小説文庫 ページをめくることが怖くなった。 続きは読みたい。しかし、読むのが怖い。 ホラーを読むにも似た、この恐怖。 中身はホラーとはまったく違うのに。 季節はうつり、主人公幸と智蔵のむつまじい様子に、読み手の頬もゆるむ。 ようやく幸が幸せになろうとしている。 商売も、波乱が起きそうで、それをやすやすと乗り越えていく。 やっと、いろんなことが軌道に乗っていくわくわくする巻だ...

» 続きを読む

«紅霞後宮物語 第七幕

Here is something you can do.

  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン
    子どもとともに途上国の地域開発を進める国際NGO

最近のトラックバック