2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著者名索引

香桑の近況

  • 2019.1.25
    2018年 合計33冊
    2017年 合計55冊
    2016年 合計50冊
    2015年 合計32冊
    2014年 合計26冊
    2013年 合計32冊
    2012年 合計54冊
    2011年 合計63冊
    2010年 合計59冊
    2009年 合計71冊

    合計475冊
無料ブログはココログ

2019.08.10

死者の民主主義

畑中章宏 2019 トランスビュー 四方八方に論が展開していき、刺激的な読書となる。そんな本だ。あとがきを読むと、どうやら、あちこちで書かれたものを集めたもののようである。#NetGalleyで拝読したゲラは、第一章「死者の民主主義」と第二章「人はなぜ『怪』を見るのか」だけであるから、余計にこの論がどこに流れゆくのか、見えなかったというのもある。 登場する素材はさまざまで、ハロウィンもあれば、『こ...

» 続きを読む

2019.07.30

ひとはなぜ戦争をするのか

A.アインシュタイン S.フロイト 2016 講談社学術文庫 ひとはなぜ戦争をするのか。 この問いを発したのはアインシュタイン。その問いに応えるのはフロイト。 往復書簡は、国際連盟のプロジェクトであり、アインシュタインへの依頼だった。誰でも好きな人を選び、「いまの文明でもっとも大切と思える問いについて意見を交換」(p.9)するというプロジェクトだ。時は、1932年。アインシュタインの手紙はポツダム...

» 続きを読む

2019.07.22

お江戸けもの医 毛玉堂

泉ゆたか 2019年7月22日刊行 講談社 動物たちは嘘はつかない。動物のすることには意味がある。人がすることにも意味がある。だが、人は嘘をつく。 小石原の療養所で人の医者をしていたという凌雲と、その押しかけ女房となったお美津。捨てられているところを世話して、そのまま貰い手がないまま引き取っている、犬たちや猫。夫婦のぎくしゃくとした同居は意外とにぎやかで、あれやこれやと客と出来事が舞い込んでくる。...

» 続きを読む

2019.07.08

フェオファーン聖譚曲(オラトリオ) op.1  黄金国の黄昏

菫乃薗ゑ 2019/08/28刊行 opsol book 国を倒す。復讐と革命の物語だ。 ロシア風の名前と東アジア風の世界観、ヨーロッパ風の食文化や生活風土。剣と魔法の物語であり、専制君主が君臨する王国、その宮廷を舞台とした物語だ。ロジオン王国の貴族たち、魔法使いたち、騎士たちと、登場人物が多い。長編となる物語の第一章であるが、意外なほど、登場人物たちの立ち位置が目まぐるしく変わる。そのスピードが...

» 続きを読む

ほんとうの道徳

子ども達への信頼に裏打ちされている。そこが素敵な本だ。公教育で道徳を教科として行うことが決まってしまったのであれば、それをどう活かしていくのか。すればするほど価値の対立をもたらしたり、上っ面だけの茶番にならないように、実践的な方法論と哲学が積み重ねてきた知見が盛り込まれている。世界がよりよいものになるように。そんな希望を思い出させてくれる点で、とてもよい本だった。 公教育で行われる道徳が、ムラの習...

» 続きを読む

2019.06.20

アスペルガー医師とナチス:発達障害の一つの起源

エディス・シェファ― 山田美明(訳) 2019年6月20日刊行 光文社 「アスペルガーの業績は、ナチスの精神医学の産物であり、彼が暮らしていた世界が生み出したものだった」。(p.10) アスペルガー障害に名を残す人物について、私はまったく無知だった。この本は「社会的・政治的力が医学的診断にどれほどの影響を与えるのか、それに気づき、それと闘うのがいかに難しいかを明らかにし、神経多様性を推進していくた...

» 続きを読む

2019.06.12

蘇我の娘の古事記

周防 柳 2019 時代小説文庫 今からおよそ1400年前の物語。緑豊かで穏やか、自然の美しい奈良を舞台に物語は紡がれる。今も残る地名もあれば、時の流れのなかで形を変えた地名や、失われた地名もある。でも、これは、この土地に刻まれた物語。こうであったかもしれない物語。こんな人々が生きていたのだろうと、こんなことがあったのかもしれないと、思いを馳せる扉を開く物語。 日本書紀の成立以前に編まれた国記や天...

» 続きを読む

2019.06.03

トロイメライ

村山早紀・げみ 2019 立東舎 ページを開くと、文章の上下に挟むようにして、装飾が描かれている。それが贅沢で、手にするだけでわくわくした。装飾のデザインは物語ごとに違っていて、物語の世界を補強している。 『春の旅人』と並べて置きたい。どちらも桜が満開の春を思わせる表紙であるが、どちらも切ないような苦しいような、ほろ苦いSFを表題作としている。 SFというのは、思考実験だ。もしもこうなったら、どう...

» 続きを読む

2019.05.30

亥子ころころ

西條奈加 2019年6月24日刊行 講談社 久しぶりの西條奈加さんの小説だ。#NetGalleyJP さんで見つけて、ほくほくして申し込んだ。こちらは『まるまるの毬』という前作があるそうだが、前作のエピソードは程よく紹介されているので、この本から読んでも十分に楽しめる。江戸を背景に、美味しい和菓子と職人の矜持、親子の機微がよりあわさって、味わい深い。 西條さんの物語には、巨悪のようなものは出てこな...

» 続きを読む

2019.05.27

極彩色の食卓

みお 2019年6月22日発売 マイクロマガジン社 口に入れるもの、目にうつるもの、耳に聞こえるもの、鼻をくすぐるものが、すべて心の滋養となって、2人の画家が再生していく。食卓に並べられる料理の色彩の美しさ、四季を彩る部屋の美しさなど、挿絵はないのに目に浮かぶような、視覚の想像が存分に刺激される物語だ。一年の時間が物語のなかで流れ、人々が変化していく。その物語そのものも、とても素敵なものとなってい...

» 続きを読む

«大学生のためのアルバイト・就活トラブルQ&A

Here is something you can do.

  • 25作品のレビュー
  • 80%
  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者

最近のトラックバック